会則

全国大学造形美術教育教員養成協議会 規約

 

(名称)

1条 本協議会は、全国大学造形美術教育教員養成協議会と称する。

 

(目的)

2条 本協議会は、全国の大学及び短期大学における造形美術教育に関わる保育士及び教員養成の充実をはかり、造形教育の振興に寄与する。

 

(事業)

3条 本協議会は、前条の目的を達するために次の事業を行う。

1. 保育所、幼稚園、こども園から高等学校までの造形美術教育の、教員、保育士養成に関する連絡、協議、研究の交流。

2. その他、協議会の目的達成に必要な事業。

 

(会員)

4条 本協議会は、造形美術教育に関わる、教員、保育士養成課程の認定を受けている大学、短期大学の教員、および賛助会員を以って組織する。

 

(役員)

5条 本協議会に下記の役員を置く。

1.会長1名、副会長3名、委員若干名、常任委員若干名、監事2名。

2.役員は次の任務を分掌する。

(1)会長は本協議会を代表し会務を総理する。また会議を紹集する。

(2)副会長は会長に事故がある場合にその職務を代行する。

(3)委員は役員会において本協議会の運営及び事業の起案について協議し執行することができる。

(4)常任委員は本協議会の運営及び事業について起案することができる。

(5)監事は本協議会の会計を監査する。

    3. 役員は総会において選出され、任期は2年間とする。但し、再任は妨げない。

1)会長及び副会長は役員会で委員の中から選出される。

2)常任委員は会長が任命し、役員会で承認される。

4.役員の任命および解任は総会の出席者の過半数をもって決議される。

 

(総会)

6条 総会は、本協議会委員の選出、運営及び事業の承認をし、また、本協議会に関わる事案の協議を行う。

    1. 本協議会に関わる案件については総会で決議する。

2. 総会は年1回開催し、会長がこれを召集する。

3.規約の改廃に関する決議は総会で行う。

4.総会に諮る事案協議のため、年3回程度の役員会を開催する。

 

(事務局)

7条 会長の下に事務局を置く。

 

(会費)

8条 本協議会の会費は、会費及び寄付金による。会費は年額4000円とする。

1.教員の所属する大学、短期大学は専任、非常勤にかかわらず、会費を納入しなければならない。

2.会費は教員の所属する大学、及び短期大学1校で一口とし、複数の教員が所属する場合も同様とする。(機関加盟) 但し、複数の学部にそれぞれ専任が配置され異なる免許を出す場合はこの限りでは無い。

3.賛助会員の年額会費は30,000円とする。賛助会員については内規に定める。

 

(事業年度)

9条 本協議会の事業年度は当該年度の41日から331日迄とする。

 

(その他)

10条 本協議会は運営の為、別に細則を定める。

 

付則 この規約は、昭和55730 日(一部改正)から施行する。

付則 この規約は、昭和60111 日(一部改正)から施行する。

付則 この規約は、昭和621027 日(一部改正)から施行する。

付則 この規約は、昭和631116 日(一部改正)から施行する。

付則 この規約は、平成2115 日(一部改正)から施行する。

付則 この規約は、平成9730 日(一部改正)から施行する。

付則 この規約は、平成2610月4日(一部改正)から施行する。

付則 この規約は、令和元年920日(一部改正)から施行する。

 

 

賛助会員内規

全国大学造形美術教育行員養成協議会(全美協)賛助会員 内規

 

(目的)

1条 この規約は、本協議会規約第4条により設置する賛助会員制度の運営等について必要な事項を定め、これをもって外部関係者の本協議会に対する協力と理解を高めることにより、本協議会と協働して美術教育の振興を進めていくことを目的とする。

 

(加盟資格)

第2条 賛助会員の資格を有するのは、本協議会の目的と事業内容に関心を持ち賛同するとともに、本協議会の事業の円滑な実施に協力しようとする団体及び企業とする。

 

(賛助会員に対する事業)

第3条 本協議会は、第1条の目的を達成するため、賛助会員に対し、次の事業を行う。

(1) 本協議会が作成又は発行する会員名簿を含む資料の提供

(2) 本協議会又は会員との協働による美術教育の振興を進める活動

(3) その他、第1条の目的を達成するために必要な事業

 

(賛助会員が実行可能な事業)

第4条 賛助会員は第1条の目的を達成するため、以下のことを行うことができる。

    (1)本協議会又は会員と協働して美術教育の振興を進める活動。

    (2)本協議会又は会員に対し、教材や製品などの紹介を行うことができる。

      ①年数回発行される会報発送時にA4用紙1枚程度にまとめた情報を会員に送ることができる。

      ②年1回発行の研究誌に通常の5割の費用で1頁分の広告掲載ができる。

    ③メーリングリスト担当者と連携を取りながら、毎月発行するメールマガジンに広告掲載やリンクを張ることができる。

     ④企画者と協議のうえ、造形教育フォーラム等の全美協が主宰するイベントに参加できる。

     (3)その他、第1条の目的を達成するために必要な事業

 

(加盟)

第5条 賛助会員たる資格を有する団体及び企業は、あらかじめ加盟申込書を会長に提出した後、本協議会の承諾を得るものとする。

2 前項の諾否は、役員会において決する。

 

(会費)

第6条 賛助会員は、年会費を納入するものとする。

2 年会費は30000円とする。

 

(脱退)

第7条 賛助会員が脱退しようとするときは、あらかじめ本協議会に届け出て脱退するものとする。

 

(除名)

第8条 本協議会は、次の各号のいずれかに該当する賛助会員を除名することができる。

(1) 本協議会の事業を妨げ又は妨げようとした賛助会員

(2) 会費の納入を怠った賛助会員

(3) 故意又は重大な過失により、本協議会の信用を失わせるような行為をした賛助会員

(4) 犯罪その他の信用を失う行為をした賛助会員

 

(その他)

第9条 賛助会員について本規約に定めのない事項であって必要な事項は、役員会で決定する。

 

付則 この規約は、令和 2年 4月 1日から施行する。